· 

9/17 音楽家としての矜持@立川BABEL

御覧の通りヤバい日でした。

お笑いみたいな日ですが、真に感動的なACTばかりでした。

 

作りての目線を持ってしまって以来、曲を聴くという行為がつまらなくなってしまった部分がありました。

何の曲聞いても「ここはコード進行がこうで…」「Aメロがあってここでちょっと意外なBメロが来てて…」みたいな御託が脳裏をよぎります。

今回に関しては「御託はいいから聞け」と言ってくれるアーティストばかりでした。久々に純粋に楽しめた。

要約すると、

 

谷口智紀 一人西洋オペラ

すごバン この日に関しては【比較的】普通のバンド

ソラアラシ この日最後の良心、「音楽性」

BeatGALAXYGARDEN 音楽の本質

クリトリック・リス パンイチの太宰治

 

芸術は人の背中を押すためのものですが、大いに押されました。